ゆーアルジュナのトラベル物語

ゆ―アルジュナのトラベル物語は旅行情報メディアです。

鎌倉・湘南

国宝「鎌倉大仏」を拝みに行った 

投稿日:2016年12月24日 更新日:

20160321-3-300x400

こんには、ゆーアルジュナです。

ちょっと足をのばして、本日は「鎌倉大仏」を見にやってきました。

鎌倉大仏は、高徳院の本尊である阿弥陀如来像のことです。とても大きくて、高さ約11.39メートル、重量は約121トンあります。まさに、大仏と言っていい大きさで、見る者をその懐に包み込んでくれそうです。

それでは、レッツゴー。

「スポンサーリンク」

鎌倉大仏への旅

 

参照:江ノ電

高徳院の最寄り駅である江ノ電の「長谷駅」にやってきました。ここから、徒歩で約7分ほどの距離と聞いています。

探検の初まりだーい。レッツゴー。

てくてく、てくてく。ふー、半分くらいはあるいたはず。まだ、鎌倉大仏は見えてこないけど、みんなあっちに向かって歩いているから道は間違っていないと思います。みんなで間違えるなんてないはず・・・・・・・、そう信じています。

参照:TOMMY BLOG

やっふー。高徳寺の仁王門にとうちゃーく。やっぱり、道は間違えていませんでした。

それにしても、すごい人の数です。鎌倉の町のシンボルは伊達ではないということか。

それでは、門を通過します。なお、通行手形はいらないようですので安心してください。

「スポンサーリンク」

鎌倉大仏との遭遇

ここに居りますは、高徳寺の大仏「鎌倉大仏」である。皆、頭が高い。控えおろー。

ははー、とはなりませんが、おおー、とはなる大きさです。大きいからといって素晴らしいとは言いませんが、この大きさはいいです。万人を包み込んでくれそうです。

「ふっ、俺の背中を見て、ついてこいよー」とは言ってないですが、頼りそうになる背中です。ただ、ちょっと疲れた感はありますが。

鎌倉大仏の装備品

でけー、なんだこの藁草履は・・・・・・。この藁草履、なんと縦1.8×横0.9m、重さは45kgにもなるそうです。

これはもちろん鎌倉大仏向けの装備品です。これを装備して日本中を回り、みんなを幸せにしてほしい、という願いから3年ごとに奉納されているらしいです。

・・・・・・、高徳院で座っているだけではダメだとー。日本中をまわれだとー。だから、後ろ姿がちょっと疲れたように見えたのかもしれません。

それでは、またー。

基本情報

電話番号 : 0467-22-0703
FAX番号 : 0467-22-5051

開門時間

4月~9月:午前8時~午後5時30分

10月~3月:午前8時~午後5時

※入場は閉門15分前まで

大仏胎内拝観時間:午前8時~午後4時30分

※入場は閉門10分前まで

アクセス

鎌倉大仏(神奈川県鎌倉市長谷4丁目2−28)

「スポンサーリンク」

-鎌倉・湘南
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事はありませんでした